10月 5

ガス給湯器の交換を小説家志望のいとこへ相談

以前はとあるガス給湯器のメーカーに勤めていた従兄弟が、
長年の夢だった小説家になるために動き始めたようです。
といっても生活はありますから、ウエイトを下げた職種に転職し、
小説を書く時間を確保していくそうです。
先日、実家のガス給湯器が壊れて困ったので従兄弟にLINEで聞いたら
「ガス給湯器の交換なら紹介します」と元職場の方を紹介してくれました。
すぐに手配してくれたので、待つことなくすぐに元通りに使えるようになって助かりました。




Posted 2016年10月5日 by admin_cfnovelistas in category "執筆活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です