11月 29

ウユニ塩湖ツアーに行く機内の中では小説は必要不可欠

旅行が好きなのでよく行くのですが、ウユニ塩湖ツアーに参加するための機内では
小説を持っていったほうがいいですね。
数時間のフライトで一冊の小説が読めてしまいます。
必要な小説を持っていけば、機内で退屈することはありません。
機内には映画などが見られる機材が置いてありますが、自分にとっては書籍がベストですね。
最近では、電子書籍端末がありますから、かさばることはありません。
一度にたくさんの書籍を持ちあるくことができます。
これが自分に向いているようで、ウユニ塩湖ツアーの機内で暇を持てあますことがありません。
フライトしている間に見られる映画は決まっていますから、
自分の好みに合わないことがあります。
書籍をもっていけば、時間を十分に楽しめます。

11月 12

小説家デビューの練習としてレンガで外壁リフォームをした家が出てくる小説を書いた

毎年、小説家に与えられる賞のニュースを見ていると、
いつか自分も小説家としてデビューしたいという気持ちが強くなります。
いつも小説を書く練習をしているのですが、
今回はレンガで外壁リフォームをしている家が出てくる小説を書きました。
内容としては、男女が織りなす恋物語なのですが、
ふたりの愛の巣としてレンガで外壁リフォームした家がでてくるんです。
レンガの外壁は雰囲気がとても荘厳なので、
激しい恋が展開される場としては最適だと思っています。
もちろん、その家には暖炉もあります。
ふたりで暖まりながら、将来について思いを馳せています。
レンガの外壁リフォームした家で愛を語り合うなんて、
素敵なストーリーだと思いませんか。

10月 5

ガス給湯器の交換を小説家志望のいとこへ相談

以前はとあるガス給湯器のメーカーに勤めていた従兄弟が、
長年の夢だった小説家になるために動き始めたようです。
といっても生活はありますから、ウエイトを下げた職種に転職し、
小説を書く時間を確保していくそうです。
先日、実家のガス給湯器が壊れて困ったので従兄弟にLINEで聞いたら
ガス給湯器の交換なら紹介します」と元職場の方を紹介してくれました。
すぐに手配してくれたので、待つことなくすぐに元通りに使えるようになって助かりました。