12月 29

小説を読んでから防水工事が必要であることに気づく

小説を読み終わる段階では、紙の部分が濡れていることが分かったのですが、
これは感動による涙の影響ではありません。
雨水が大切な本を湿らせる結果に終わったことで、
防水工事の必要性に気づくことになったのです。
雨水が浸透しない環境であれば、最後の1ページまで本が濡れることがなく、
手先を汚す心配もないわけです。
濡れてしまうと小説の内容に集中することがなくなり、
精神がイライラしてしまうこともあるため、防水工事が必要になるのは無理もないことです。
このままの状態で放置すれば、他の愛読書も湿らせてしまい、
結果的にはカビが増殖することも考えられます。
このようなことから、防水工事は小説を守るための防衛策としても絶対に必要です。

防水工事の専門リフォーム【アバロン】
防水工事の必要性に気づいたらこちらに相談




Posted 2016年12月29日 by admin_cfnovelistas in category "執筆活動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です